次世代リーダーの潜在能力を最大限に引き出す

開眼会議-次世代リーダー育成
開眼会議で問題解決

「開眼会議」は次世代リーダーが互いを生かしあい、成果を目指すひとつのチームとなって課題にとりくみ、抜本的な変容をもたらす経営改革ツールです。

開眼会議で経営に抜本的な変容をもたらす

開眼会議コーチ ビジネスコーチ 戸田紳司

「開眼会議」は企業経営に目覚ましい成長をもたらす画期的なツールです。

次のような成果をもたらします。


●見えにくかった本質的な課題を浮き彫りにし、解決に向けて画期的なアイデアと行動力を生み出す
●次世代リーダーひとりひとりが問題解決をする過程で飛躍的に成長できる
●不調不振を他責にせず、課題解決型の「逃げない組織」をつくる
●社員の目標と会社の目標を一致させ、「働きがいのある会社」を実現する

 

経営者の望む「ほしい人材が育たない」とき、ある社内的根源的な問題を抱えるために、それぞれが潜在能力を眠らせたままであることが多いのです。
つまりは、社員たちひとりひとりが可能性を秘めた宝なのです。

しかし、根源的な課題を見いだせないまま、度重なる企業研修を行っても成果は上がりません。

 

この経営の真実に生涯気づくことなく、自社の潜在能力を眠らせたままであるとしたら、あまりに惜しいと思いませんか。
法人とは多様な人の集まりであり、多様な天分と多様な思考の集積です。

 

その天分を開花させ、ひとりひとりが自分らしく働き、生きるために「開眼会議」は生まれました。
「開眼会議」によって、社員が本来持つ潜在的能力を互いに生かしあい、天分を開眼させ、望む成果に結実させることができるのです。

 

志恩からのお知らせ