強みを活かして個別対応することで、周囲がアッと驚く目標達成できました。 「私だけに…」と思ってもらえる関わり方を考えるのが楽しくなりました。

S様(美容室チェーンのスタイリスト)

 

自分自身と向き合うことが出来たように感じます。パーソナルコーチングを始めた頃は心が痛くなりました。自分以外の人に責任を向けていたので、自分自身と向き合うことが無かったからです。

相手がどうかというより、私は?自分自身は?どうかという事を考え、行動を変えてみる。スタッフを受け入れる心を持てるようになりました。


年末商戦8ヶ月前に会社がアッと驚く目標を掲げました。1年前から科学的データで顧客管理をしていくことをコーチと共に考えやり始めました。私にとっては斬新な発想でした。リピート率の高いロイヤルカスタマー顧客を増やすことに成功しました。客単価も20%あげる事が出来ました。取引先コンクールで全国5位になり画期的な成果を上げる事ができハワイ旅行のご褒美を頂きました。

 

<戸田紳司から>

最上志向・達成欲・個別化が高いS氏。8ヶ月前に目標を描き始め、ご褒美でハワイ旅行をゲットするまでコミットされていました。

当所、来店頻度の低い顧客にエネルギーを費やしておられましたが、優良顧客のリピート率アップと単価アップをはかる動きに変えていかれました。

 

会社の顧客情報をもとにして、S氏らしい顧客管理台帳作成、顧客との関係性を深めていかれました。

S氏のパーソナルコーチングでの学びは、一人ひとり来店アプローチの仕方が違うことでした。「私だけに…」と思ってもらえる関わり方を工夫されたことでした。

 

 

 

▲ 「パーソナルコーチングの感想」のTOPに戻る

▲ 「戸田紳司のホームページ」のTOPに戻る